体の不調が出た時どこに行ったらいいのかわからない人のためのページ

肩こりがなかなか治らない。

歯を磨くこともつらい腰痛。

朝起きた時に腰が痛くてなかなか起き上がれない。

そんな時にどこに行けばよくなるのか、

接骨院とか整骨院、整体院の違いって?

マッサージも鍼灸院もあるけど、

自分の症状にあっているのはどこ?

という人の参考になればと思いまとめてみました。

●整体
整体とは、健康な体にするためのあらゆる方法を様々な角度で行う技。

手技で行う術者もいれば足を使ったり気功を操る人もいる。

そういう意味ではかなり広い範囲で使われるのが「整体」である。

基本的には固くなった筋肉をゆるめたり、

動きの悪くなった関節を『矯正や調整』で本来の働きに戻していく施術法です。
筋肉や関節をゆるめ、神経の流れが改善し、人間が本来持っている自然治癒力を引き出して、

痛みやこりなどの回復を目指すことが整体の目的です。
脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、

全身の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、骨格筋の調整などを、手足を使った手技で行うこと。

よくなる堂では全身の骨格のゆがみを手技でじんわり調整するとともに

食に関するアドバイスと身体がよくなる心の使い方についてお伝えしています。

●整骨と接骨とほねつぎ
整骨院、接骨院、ほねつぎの資格は柔道整復師。
業務内容は骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの外傷のみ。
慢性の肩こりや腰痛は基本的には外傷ではないので、整骨院では治療できない事になっている。
接骨院と整骨院は同じもの。
整形外科医が足りない時代、補填する意味合いで誕生した。
柔道整復師とは、厚生労働大臣指定の養成学校で3年以上勉強し、

国家試験を合格したものに与えられる免許資格です。
資格を取得することで、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷を判断し、処置する権利を得ます。
いわゆる骨を接ぐと書いて 『ほねつぎ』 の接骨。
柔道整復師 『整』 の字をとっての整骨があるわけです。
整骨、接骨、ほねつぎ、どれも柔道整復師 が施術を行っています。

慢性的な肩こりや腰痛を治すところではない

●あんま
按摩(あんま)とは、なでる、押す、揉む、叩くなどの手技で、体の持つ恒常性維持機能を反応させ健康を増進させる療法。
按摩は中国発祥の手技療法。按摩の按とは「押さえる」という意味で、摩とは「なでる」という意味。
按摩は衣服の上から遠心性(心臓に近い方から遠い方)に施術を行う。

映画「座頭市」でおなじみの職業

江戸時代は盲人に対する社会保障制度の一つとして

創られたのが「座頭」

●マッサージ
マッサージは、皮膚に求心的に施術することで静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした療法。
マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法。マッサージは厳密には指先などの末梢部から心臓に向かって施術を行う。
運動前後には、筋肉の緊張をほぐすためにマッサージが用いられる。マッサージによる(適度な)刺激により、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、などの効果がある。

●カイロ
カイロプラクティックはアメリカの手技療法。

ギリシャ語で「カイロ」は「手」、

「プラクティック」は「技術」を意味する。

WHOでは補完代替医療として位置づけている。
病気は神経系の機能障害によって起こるという考え方に基づき、

特に脊柱を調整することで、神経系の機能回復をはかろうとする療法。
アメリカや、イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(およそ40か国)では、筋骨格系の障害を取り扱う脊椎ヘルスケアの専門職とされている。
日本においては資格制度は存在せず、民間療法として医業類似行為として保健医療やサービス業に分類されている。

●指圧
母指や手掌(手のひら)などで体表の一定部位を圧迫することで、生体の変調を矯正したり、健康の増進や疾患の治療を図る手技療法のこと。
指圧法、指圧療法ともいう。

指圧の成立は、大正年間とされ、日本に古くから伝わる「あんま」の手技に柔道の活法および導引(どういん)(治療や養生法)が加わり、さらにアメリカから移入された療術の理論と手技が取り入れられたのである。指圧の手技としては、脊柱(せきちゅう)の矯正、手指による圧法操作、および各関節の運動操作の三つがある

ツボを刺激したり筋肉を押すことによって身体全体を緩める。

一時的に血流がよくなり体が楽になる。

●リラクゼーション
リラクゼーションとは、身体的・精神的・情緒的な緊張が無く、ストレスから解放された状態を指す。 また、リラクゼーションとはリラックスした状態へ誘導するための手段や方法の事を言う。
生理的活動を正常化させ、それを意図的に行う技法療法を総称してリラクゼーションマッサージと呼ばれている。
治療を目的とする医療(類似)行為とは異なる手技療法と位置付けている。

遊園地に遊びに行くのとほぼ同じ。

心地よさを感じるための方法。

自己の免疫力はあがります。

●きゅう
灸(きゅう、やいと)は、経穴(つぼ)に対し温熱刺激を与えることで生理状態を変化させ、気血の滞りを改善し体内のバランスを整え、疾病を治癒すると考えられている伝統的な療法。中国医学、モンゴル医学、チベット医学などで行われる。
もぐさを皮膚に乗せて火を点ける方法が標準とされる。
日本で医師以外が灸を行う場合は灸師免許が必要である。

体の免疫力を上げるための方法のひとつ

●はり
中国の伝統医術の一つで、鍼術(しんじゅつ)ともいう。

鍼とは、体表上の経穴(けいけつ)(いわゆるつぼに鍼を接触、あるいは刺入し、

適当な治療的影響を与えようとするものである。

鍼を経穴に接触、刺入し、その鍼を細かく震わせたり、出入させたりする。
大学や専門学校などに3年以上通学して単位を取得し、国家試験を受験する必要があります。

そこではり師の資格を取得後、はり治療を行うことができる。

針の特徴は、

身体に異物を入れることにより、

自己の免疫を最大限に発揮させるところにある。

奇跡的な改善を期待することができるが、

もともと体の免疫力が弱いお年寄りにはあまり効果はないと思われる。

●整形外科
肢体の機能障害を主な対象として、

骨,関節,筋肉,靭帯,腱,粘液包,筋膜,神経,血管,皮膚などの組織の疾患などの予防や治療,リハビリテーションなどを行う。

治療法には物理療法,整形外科的包帯と装具療法,整形外科的手術療法がある
医学部を卒業し『医師免許』を取った方の開業資格になります。
また『病院』以外にも、『医院』『診療所』『クリニック』と付く医療機関は、

医師免許を持った方の開業施設になります。

自分がどんな症状か知りたいときには

検査などによる診断をしてもらうと安心するでしょう。

ただし、痛み止めの薬やブロック注射などはいずれも対処療法のため

根本的な改善が必要になってきます。

いかがでしたか?

「よけいにわからなくなった!」

と言われるかもしれませんが、

現在はそれぞれの線引きが難しくなっているのも事実です。

接骨院でマッサージをしたり指圧をするのが当たり前の時代ですから。

個人的な意見を言わせていただくと、

根本的に改善させていくには、

個人によって施術やアドバイスを変えていかなければならない。

そうなってくると、

病院や整骨院などでは対応できないことが多いと思われます。

信頼できる整体院をひとつ見つけておけば、

生涯にわたって安心できるのではないでしょうか。

よくなる堂では最終的に、

ご自分の健康に対する安心感を持っていただけるよう

骨格・食・心を中心にサポートします。

健康で幸せな人が一人でも増えてほしい。

そんな気持ちで仕事をしています。

アクセス

料金

院長プロフィール